ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

01.Mac

macOS Sierraにしてから動作が遅い 〜SSHDに交換することで解決〜

少し前の話ですが、私のMacBook(13-inch,Mid 2010)もmacOS Sierraをインストールしています。7年も前のパソコンですから仕方がないのかもしれませんが、macOS Sierraにしてから動作が遅かったのです。メモリーは最大容量の4GBですし、他に何か解決方法はないものかと考えていました。

SSDにすれば速くなるということは聞いてはいましたが、でも容量が小さいし、高価だし、ということで替える気にはなりませんでした。いつも通販で利用しているAmazonのサイトを見ていたら、SSHD(ソリッドステートハイブリッドドライブ)が目にとまりました。SSHDはキャッシュメモリーに大容量(8GB)のフラッシュメモリーを使っています。そのため高速な処理が可能になるのです。SSHDについて詳しくは以下を参照してください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハイブリッドHDD

SSHDにmacOS Sierraをインストールするのですが、私が行った方法について説明します。購入したSSHDをUSBでMacBookにつなぎました。そして、電源を入れてすぐに「command+R」でリカバリーモードにします。言語を選んだ後「macOSユーティリティ」が起動しますので「macOSを再インストール」を実行します。インストールの途中でインストールするHDDを選ぶ場面がありますから、そのときにUSB接続のSSHDを選べばいいです。インストールが終わったら、USB接続のSSHDとMacBookに内蔵されているHDDを入れ替えて、移行アシスタントでデータを移行します。それで完了。

結果は良好です。全くストレスなく動いています。私が購入したのは以下の製品です。

ブラウザの表示が遅い(アクティビティモニタで確認) 〜原因はONUの光ケーブルの緩み〜

「ホームページの表示が遅い」とお客様から連絡があり、点検をしました。パソコンはVAIOのデスクトップ、Windows7です。早速InternetExplorerを起動。非常に遅いですね。まるでISDN回線を使っているようです。とても光回線とは思えません。私のホームページ「NaraWeb」を開いてみましたが、画像がなかなか開きません。ゆっくりと表示されます。WindowsUpdateはエラーになってしまいました。

Photo 私のMacBookをLANケーブルでつないでみましたが、やはり同じように遅いです。ひかり電話ルータに直接LANケーブルをつないでも同じでした。「光回線なので、こんなに遅いわけはない。」と思い、MacBookのユーティリティの「アクティビティモニタ」を開いてネットワークの受信速度を見てみました。毎秒データ受信が最高でも40KB程度です。ちなみに私は@nifty光を使っているのですが、そちらでは最高で6MB程度です。お客様の回線は明らかに遅いことがわかりました。

回線はフレッツ光ネクストですから、ひかり電話ルータや光ケーブルはNTTの保守になりますので、NTT東日本へ故障の手配をしました。その日の午後、NTTの故障修理の担当の方が来て調べたところ、ひかり電話ルータのONUにつながっている光ケーブルのコネクタの緩みと判明しました。

Photo_2 Macをお使いの方はこんな時に「アクティビティモニタ」は役に立ちます。「遅い」という曖昧な感覚ではなく「毎秒データ受信40KB」と数値でわかることが大事ですね。「アクティビティモニタ」のネットワークは「Finder」=>「アプリケーション」=>「ユーティリティ」=>「アクティビティモニタ.app」=>「ネットワーク」タブで開くことができます。

MacBookのWindows10、マウスポインターが表示されない 〜Windows用のマウスで解決〜

私もMacBookのWindows7をWindows10にアップグレードをしました。Windows7の場合も最新の更新プログラムを適用していればWindows10に無料でアップグレードできます。私のMacBookの場合はちょっと不具合がありました。マウスポインターが表示されなかったのです。トラックパッドのドライバーがないのかなと思い、普通のWindows用のマウスをつけてみました。そうしたらマウスポインターが表示されました。ノートパソコンにマウスを使うのは本当は好きじゃないのですが、仕方がないですね。Windowsらしくていいか・・・

MacOSX10.10 Yosemiteの自動ログイン設定ができない 〜FileVaultを切で解決〜

10月28日に「MacOSX10.10 Yosemiteの自動ログイン設定」について記事を書きましたが、この記事の通りにしても設定ができないとお客様から連絡が入りました。Skypeの画面共有でお客様のパソコンの設定を見せていただきました。

006この画面で左下の鍵を開けても「切」に設定されている自動ログインの項目が灰色のままで設定の変更ができないということでした。



「切」と表示されているボタンにマウスポインタを置いてみると、「FileVaultが『入』では変更ができない」旨の案内が表示されました。「FileVault」というのは「システム環境設定」の「セキュリティーとプライバシー」にあります。


「システム環境設定」=>「セキュリティーとプライバシー」=>「FileVault」タブ


Filevault001確かに「入」になっていますね。早速「切」に設定しようと思い鍵を開けてボタンを押しましたが・・・



Filevault002こんなメッセージが出ました。ディスクの暗号化中は設定の変更ができないのです。暗号化が完了するまであと3時間と書いてあります。暗号化が完了するまで待つしかないので、暗号化の完了後にお客様に設定の変更をお願いしました。数時間後にお客様からメールが入り、完了後にFileVaultを切に設定し、自動ログインの設定もできたとのことでした。

MacOSX10.10 Yosemiteの自動ログイン設定

読者のみなさんはMacOSX10.10 Yosemiteはインストールされましたか? 私は発表後にすぐインストールしました。今のところ問題はありません。気のせいかもしれませんが、音声入力が少し良くなったような気がします。

さて、「MacOSX10.10 Yosemiteにアップグレードしてから電源を入れるたびにパスワードを入力するようになった。以前のようにパスワード無しで使えるようにしたい。」とお客様からメールが入りました。なぜ変わってしまったのか原因はわかりませんが、自動ログインの設定について説明します。

001ドックの「システム環境設定」をクリックします。

002「ユーザーとグループ」をクリックします。

003鍵が閉まっていたら鍵をクリックします。

004パスワードを入力すれば鍵を開けれます。パスワードを入力して「ロックを解除」をクリックします。

005「ログインオプション」をクリックします。

006自動ログインのここをクリックしてプルダウンメニューを表示させます。

007自動ログインするユーザー名を選択します。

008パスワードを入力します。

009最後に鍵をクリックして完了です。

MacOSX 10.9 ローマ字入力とかな入力の切り替え

今日、パソコンのセットアップで伺ったお客さんはかな入力をご希望でしたので設定の変更をしました。

__01 ドックの「システム環境設定」をクリックします。


__02 「キーボード」をクリックします。


__03 「入力ソース」をクリックします。


__04入力方法の項目を「かな入力」に変更します。

以上です。

これで「かな入力」ができるはずです。

WindowsSupportソフトウェアのダウンロードが途中で止まる 〜そのまま長〜く待って完了〜

MacBookにwindows7をインストールしようと思って、BootCampを起動してその指示どおりに、WindowsSupportソフトウェアをダウンロードするのですが、結構長い時間待って全体の3/4程度のところでダウンロードが止まってしまいました。2時間待ってもそのままでしたので、中止してやり直してもまた同じところで止まりました。

仕方がないのでそのまま放置してその晩は眠ることにしました。翌朝、ダウンロードは終わっていました。ダウンロードがいつ終わったのかは確認していませんが、とにかく長い時間がかかるものということです。このソフトウェアはドライバですから、BootCampを使う人は必須だと思います。

Windowssupport
Windowsをインストールして起動してからWindowsSupportソフトウェアのsetup.exeをダブルクリックすればドライバがインストールできます。

同じように長く待っている方、そのまま待ちましょう。

MacOSX Mavericks をインストールしたら EPSON Scan が使えなくなった 〜プレビューを使うといいかも〜

MacOSXが新しくなっていろいろな機能が改良・追加されました。まだ詳しくは見てないのですが、最初に気づいたのはEPSON Scan が使えなくなったことでした。

Photo_8 EPSON Scan のアイコンに駐車禁止マークが出ています。



Photo_9 起動しようとすると、こんなメッセージが出て起動しません。OSがバージョンアップすると今回のように使えなくなるソフトが出ることがあります。でも、ほとんどの場合はメーカーが最新のOSにあわせてバージョンアップしています。メーカーのホームページからOSに対応している最新バージョンをダウンロードすれば大丈夫です。

私が使っている複合機は Epson PX-505F です。これもメーカーに最新版がありました。しかし、今までと違ってEPSONScanのバージョンアップではなくて「Epson スキャナー ICA ドライバ」というものです。説明では「OS標準アプリ・イメージキャプチャでスキャナを使用するためのドライバーです。」と書いてありました。

ということはイメージキャプチャでスキャンできるんだと思い、やってみましたら問題なく出来ました。そんじゃぁ、画像を扱うアプリからも出来るんじゃないかと思って試してみたら、Pixelmator と プレビュー で出来ました。プレビューを使うとEPSONScanよりも大きな画像で表示されて扱い易いのでお勧めです。

Photo_10 プレビューを起動すると「プレビューダウンロード」が表示されますから「完了」をクリックします。


Photo_7 「ファイル」メニューから「EPSON PX-505F Seriesから読み込む」をクリックします。


Photo_12 予備スキャンがされます。種類を「カラー」、自動選択を「切り」以外にします。(その他の設定は適宜行ってください)下の画像のように選択範囲が表示されますから選択範囲を調整して「スキャン」をクリックします。スキャンが終わるとプレビューで画像が開きます。必要に応じてプレビューの編集機能で画像処理を行い保存してください。

いかがでしょうか?

しかし、プレビューは凄い高機能になってきましたね。画像処理ソフトの代わりに充分使えますね。

Macにふさわしいウイルス対策ソフト 〜 iAntivirus 〜

Macはウイルスが少ないためにほとんどウイルス感染に縁がありませんでした。Windowsのように絶え間なくウイルスの監視をしなければならないという状況にありません。これまでもMac用のウイルス対策ソフトもありましたが、いつも検索にかかるのはWindowsのウイルスだけでした。私はいまだかって一度もMacのウイルスにお目にかかっていないのです。

Macの場合はウイルスが少ないためにウイルス感染の脅威がほとんどないのです。ウイルス対策ソフトをインストールしない人も多いと思います。いつもWindowsのウイルスしか駆除しないのであればパソコンのパフォーマンスに影響するソフトを動かしているのは本当に無駄だと思います。対策をしなくても対策をしたWindowsよりも安全だと思います。しかし・・・しかしだ、感染確率が極めて低くてもゼロでないわけだから、ウイルス対策はした方が良い。

これは私の個人的な考えでそれが唯一正しいと言うわけではないが、Macにふさわしいウイルス対策について考えてみると、Macの場合は四六時中情報の出入り口を監視するリアルタイム検索は必要ない。それとMacには関係のないことなのだから、Windowsのウイルスは駆除しなくてもよい。と思う。

まず、リアルタイム検索はパソコンにとってはとても負担が大きいのです。昨日ですが、パソコンが遅いと言うお客さんの連絡で見に行きました。WindowsXPで確かに遅いです。InternetExplorerを起動させるとページが表示されるまでに十数秒間待たされます。とても長く感じました。メモリーは3GBもあるのでメモリー不足ではありませんでした。パソコンは古いので、CPUの能力のせいかと思い、試しに対策ソフトを止めてみました。見違えるようにきびきびと動くのです。(嘘だと思ったらやってみるといい。でも確認したらすぐに対策ソフトは起動してね。)対策ソフトの影響を実感しました。だから、Macの場合は入って来ないウイルスを捕まえるためにリアルタイム検索は必要ないと思うのです。

次に、MacなのだからWindowsのウイルスは駆除しなくてもいいと思う。MacはMacのウイルスだけを駆除出来ればそれでいいのです。「Windowsのパソコンにウイルスを送ってしまうのは困るので・・・」と言う人がいますが・・・まあ、それはそれでその人の考えだからねぇ。私はWindowsパソコンのためにウイルス検索をするのはどうかと思うよ。ウイルスを送られて駆除出来ない程度のウイルス対策しかしていないのならそのユーザーの責任だと思うのです。ウイルス対策はあくまで自己責任です。だからMacの場合はWindowsのウイルスは駆除しなくてもいいと思うのです。

と言うわけで、手動検索だけのとてもシンプルなウイルス対策ソフトがMacにはふさわしいのではないかと思うのです。で、やっと本題の対策ソフトの紹介です。シマンテックからフリーのMac用ウイルス対策ソフト iAntivirus が配布されています。AppStore でダウンロード出来ます。リアルタイム検索がないのでMacのパフォーマンスには影響をしません。ドックにアイコンを入れておけば検索したいファイルはそのアイコンにドラック&ドロップすればいいです。Macユーザーも時々はこのソフト iAntivirus でウイルス検索をしましょう。以下、 iAntivirus の関連画像です。

以下4種類の検索画面
Iantivirus001_2 Iantivirus002_2 Iantivirus003 Iantivirus004

環境設定画面
Iantivirus005

2013年12月24日 追記
Windowsのウイルスは駆除しないと書いてしまいましたが、駆除するようです。ウイルス定義ファイルを見ると、以下のようにPCウイルスとして定義ファイルのリストに載っていました。間違いをお詫びし訂正いたします。
ウイルスは全体で37,639件、そのうちMacウイルスは59件でした。Macは桁違いに安全であることがわかります。ウイルスが心配なWindowsユーザーの方はMacに乗り換えてみてはいかがでしょう。

20131224_02907

MacでWMVを開けるFlip Playerで一部見れない動画があった 〜最新版にアップデートで解決〜

つい先日MacOSX 10.8 Mountain Lion 対応の動画プレーヤー Flip Player をインストールしましたが、残念ながら一部のWMV動画が見れないのがありました。Safariで開くと Flip Player のロゴは一瞬表示されるのですがその後何も表示されません。どうにかならないものかと探っていたら、アップデートがありました。インストールして見れるようになりました。以下、インストール手順です。

Flipplayer001ドックまたはアプリケーションフォルダからFlip Playerを開きます。

Flipplayer002「Flip Player」メニューから「Check for Updates…」を選択します。

Flipplayer003「Update Now」ボタンをクリックします。

Flipplayer004Telestreamのサイトが開きます。「Free Update」ボタンをクリックします。ダウンロードが始まります。

Flipplayer006ダウンロードが終わったら、Safariの右上のダウンロードを表示するボタンをクリックして、表示された一番上のFlip-Player-3.0.0.143.dmgをダブルクリックします。

Flipplayer007ソフトウェアのライセンス条項と条件が表示されます。よく読んで「Agree」ボタンをクリックしてください。

Flipplayer008このようなウインドウが表示されます。表示されない時はドックのFinderをクリックしてください。表示されると思います。「Flip Player」のアイコンを「Applications」フォルダにドラック&ドロップするのですが、その前に旧バージョンのFlip Playerを終了してください。その後ドラック&ドロップしてください。

Flipplayer010「置き換える」ボタンをクリックします。

Flipplayer011システムからパスワードの要求がありますからパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックしてください。

Flipplayer012Flip Playerがアプリケーションにコピーされます。

Flipplayer013以上で完了です。インストール時に開いたウインドウをすべて閉じてください。

より以前の記事一覧

私のホームページ