ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • エプソンダイレクト
    エプソンダイレクト株式会社
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

09.プリンター

EPSON プリントCD でプリンターが選択できない 〜原因はAirPrint用のドライバ〜

EPSONの複合機 EP-805AW を購入したお客様からホームページやワープロやメールなどの普通の印刷は出来るのですが、複合機に付属していた「プリントCD」というソフトで印刷が出来ないと連絡があり伺いました。お客様のパソコンはMacBook、OSは MacOSX10.8 Mountain Lion です。

Printcd_001_2 「プリントCD」を起動して「ファイル」メニューから「プリント」を選んでみると、プリンターが「選択されていません」というメッセージが表示されています。

Printcd_002 「プリンターの選択」ボタンをクリックしてみると、その他のプリンターしか表示されません。

Printcd_005
プリンターの設定を見てきましょう。「システム環境設定」=>「プリントとスキャン」を開きます。プリンターのリストから「EPSON EP-805A Series」を選びます。

種類に「EPSON EP-805A Series-AirPrint」と書かれています。これはEPSONのプリンタドライバーではなくOS標準のものです。MacOSX 10.8の場合EPSON EP-805A Series-AirPrintが自動的に選択されてしまう事が多いようです。その場合プリンターに添付されているアプリケーションは動作しません。

EPSONのドライバをインストールしましょう。「プリントとスキャン」の画面でプリンタリストの下の「+」ボタンをクリックします。

Printcd_006 「追加」の画面が表示されます。名前が「EPSON EP-805A Series」で種類が「Bonjour マルチファンク」のものを選択すると、ドライバーには「AirPrint」が表示されます。

Printcd_007 ドライバは「EPSON EP-805A Series」を選択します。

Printcd_008 「追加」ボタンをクリックします。

Printcd_009 新しく「EPSON EP-805A Series−2」が追加されました。種類が「EPSON EP-805A Series」となっていればOKです。

Printcd_011 「プリントCD」を起動し「ファイル」メニューから「プリント」を選択しましょう。プリンターが選択されていなければ、「プリンターの選択」ボタンをクリックします。

Printcd_012 今度は「EPSON EP-805A Series−2」が選べると思います。

Printcd_013 プリンターに「EPSON EP-805A Series−2」が設定されました。「印刷」ボタンを押せば印刷できます。

brother A3複合機 MFC-J6710CDWのインク交換時インクが検知できない 〜交換前にインクを良く振って解決〜

お客様から「プリンタのインクを交換したがエラーが出て使えない。」と修理の依頼がありました。プリンタはbrotherのA3複合機でMFC-J6710CDWでした。

6710ink 左の画像のように「インクが検知できません」というエラーが出ます。何度入れ直しても結果は同じでした。まだ保証期間内でしたので「brotherへ修理で送った方が良いんじゃないかなぁ。」と思いサポートへ電話をしました。


サポートの方から
1. まずエラーになるインクを外して
2. 電源をOFF
3. 再び電源を入れて
4. 「インクカートリッジがありません」というメッセージ
5. インクを良く振って
6. インクを入れます。

エラーが出なくなりました。てっきり故障かと思っていましたが、さすがですねサポートさん。

インクをよく見るとインクが見える透明な窓があってそこに黒いプラスチック片の様なものが見えます。これがインクが無くなると上にあがってインクの量を感知しているようです。新しいインクカートリッジではこのプラスチック片が正しい位置にない場合があるようです。その様なときに「インクが検知できません」のエラーが出ることがあるようです。振ることでプラスチック片を正しい位置にするのです。

でも、インクにも取説にも「交換時に良く振ってください。」なんて書いてないんですよ。インクカートリッジの種類はLC12です。同じインクカートリッジを使っている方は覚えておきましょう。

ブラザーの複合機 DCP-J715N のインクが出ない 〜ヘッドクリーニング〜

今年も年賀状を書く時期になりましたね。この時期はプリンタのトラブルが多く出る時期です。久々に印刷をしようとしたら印刷ができないということはよくあることです。

さて、今回のトラブルはパソコン初心者の方からの依頼です。プリンタのインクを交換したのにインクが出ないとのことです。早速お伺いしました。プリンターはブラザーの複合機 DCP-J715Nでした。

どのようにインクが出ないのか調べるために印刷のテストを行ってみました。
Print_01_4カラーは大丈夫ですが、黒が1つの点しか出ていません。プリントヘッドが汚れて目詰まりをしているんですね。ヘッドのクリーニングをする機能がプリンタにはついていますから、クリーニングをしてみましょう。

Black_021回目のクリーニングの後のテスト結果です。だいぶ良くなりましたね。これなら数回のクリーニングで完全にきれいになりそうです。

Black_032回目

Black_043回目

Black_054回目

Black_065回目、これで完全になおりました。印刷のテストやヘッドのクリーニングの手順についてはユーザーズガイドー基本編ーの64ページに書いてあります。


無線LAN接続の複合機で印刷できない 〜FON無線LANルータの再起動で回復〜

Net_print印刷が出来ないとお客様から連絡が入りました。お客様のネットワークの状況は図のようになっています。FON La・Fonera を使っていて、プリンターは無線LANで繋がっているネットワーク対応の複合機です。パソコンも無線LANで繋がっています。

パソコンはインターネットに繋がっていて、メールの送受信もホームページ閲覧もOKです。複合機もFONに繋がっています。設定も問題ありません。複合機のFAX、コピーは正常に使えています。でも、パソコンからの印刷は出来ません。

ということは・・・ FON無線LANルータのルーティングに不具合がある事が考えられます。FON無線LANルータはモデム付きの有線ルータに繋がっていますから、FON無線LANルータのルーティングに問題があってもDHCPが正常に機能していれば、パソコンのインターネット接続は大丈夫なのです。

じゃあ・・・ FON無線LANルータの再起動でたぶん大丈夫でしょう。電源を入れ直しました。パソコンのタスクトレイのインジケーターがインターネット接続が出来たことを表示するまで数分間待ちます。印刷はOKになりました。

「brother 複合機 MyMio MFC-820CN」で「クリーニングできません エラーNo.46」のメッセージ

「brother 複合機 MyMio MFC-820CN」をお使いのお客様から、「クリーニングできません エラーNo.46」というメッセージが出ていると連絡がありました。さっそく、お伺いしました。

brotherのサポートによると、このエラーメッセージが出たときは、廃インク吸収パッドの交換が必要なのだそうです。つまり、メーカーに送って交換してもらうことになります。ただし、廃インク吸収パッドの交換が必要になる前の段階でこのメッセージが出ることがあるのだそうです。

この様な不具合がbrotherの複合機のいくつかの機種で発生しているようです。いずれの機種も、ファームウェアの更新により解決するようです。MFC-820CNの場合はファームウェアは Ver.M 以上でこの不具合は解消しているようです。

ファームウェアのバージョンの確認方法ですが、「停止/終了」ボタンを押して待機画面にしたあと、ダイヤルの「*」と「#」を同時に押すと、液晶画面に英数の文字列が表示されます。その文字列の最初のアルファベットがファームウェアのバージョンを表しています。

お客様の複合機の場合は、ファームウェアは Ver.N でしたので、すでにこの不具合は解消されています。ですから、メーカーで廃インク吸収パッドの交換が必要ということになります。メーカーに問い合わせたところ、廃インク吸収パッドの交換費用は12,600円ということでした。修理せずに買い替えるということになりました。

もし、ファームウェアが古い場合は以下のページからファームウェアの更新を行うことが出来ます。

http://solutions.brother.co.jp/public/faq/faq/000000/002000/000075/faq002075_001.html?prod=mfc820cn&cat=

この更新を行ってもエラーが解消されない場合は廃インク吸収パッドの交換が必要になります。

FUJITSUノートパソコン「FMV-BIBLO NF/D50 FMVNFD50B」を取付け

Fmvnfd50b
お客様が注文したFUJITSUのノートパソコンを取付けにいきました。このパソコン、販売されたばかりなのですね。2009年夏モデルだそうです。モニタは15.6インチワイド液晶で、キーボードにはテンキーもついています。CPUはIntel Core 2 Duo、メモリー4GB、ハードディスクは320GBです。Microsoft Office(Excel,Word,Outlook)がプリインストールされています。セキュリティーソフトは3ヶ月間利用可能なウイルスバスターかノートンインターネットセキュリティーが選択できるようになっています。ハルシステムで購入し、代引き手数料込で80,850円でした。とてもお買い得だと思いました。

パソコンを起動すると、一般的なWindowsVistaの設定があって、その後このパソコン独自のインストールやアップデートがかなりあって、とても時間がかかりました。パソコンをこれから始める人にはこんな事出来るのかなと思うほどです。こちらのお宅では、他にパソコンが2台あって、FON La Fonera+を使った無線LANで繋がっています。2台ともウイルスバスターを使っているので、このパソコンもウイルスバスターをインストールすることにしました。ウイルスバスターは1つの契約で3台まで使えますからね。

それから、お客様が、「パワーポイントはないんですか?」と言われました。どうも勘違いをしていてパワーポイントがあると思っていたようです。お話を聞くと、どうしてもパワーポイントでなければならないということはない様でした。OpenOffice.orgを紹介したところ、「この様なソフトがあることは知らなかった。」と、OpenOffice.orgを使うことになりました。

プリンターは無線LANでネットワーク接続されている既存の「brother A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-6490CN」を使います。複合機に添付されていたCDでドライバーをインストールして、簡単に使えるようになりました。ノートパソコンのプリンターは無線LANで共有した方がいいですね。コードレスでプリントできるので便利です。

「brother A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-6490CN」を取付け

「brother A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-6490CN」を先日(8月18日)故障したFAXの代わりに取付けにいきました。インクと用紙を取付け、電話機コードを付けて電源を入れると、回線の自動設定、インクヘッドのクリーニング印字テストまで指示に従って簡単に行われました。FAXの発信元情報を登録して、「見るだけ受信」の設定をしました。

この複合機は、お客さんがFAX兼コピー機として購入したものなので、今回はパソコンには繋ぎません。お客さんはパソコンのプリンターだとは最初から思っていなかったようです。プリンターとしても使えるんだと、しかもネットワークで共有できるんだと言うとビックリしていました。プリンターとしての使用はその必要が出て来たら考えることにするそうです。

今までのFAXと違うのはカラーの送受信(A4まで)が出来ること、「見るだけ受信」(モノクロA4まで)が出来ること、カラーコピーが出来ることです。FAXが新しくなって珍しいのか従業員の方々も興味津々で複合機の周りに集まってきて、私が取り扱いの説明をした事務員さんに使い方を教わっていました。

モノクロレーザーFAXが故障、brother A3インクジェット複合機 JUSTIO MFC-6490CNに買い替え

私の仕事は「パソコンのサポート」なのですが、時々今日の様な依頼が来ます。その依頼とは、「FAXが故障したので見てくれますか?」という様なものです。パソコンの故障ではなく、FAXの故障です。

実は、私は今の仕事をする前に有名な某電話会社で電話の故障修理の仕事をしていたのです。それを知っているお客さんが連絡をくれることがあります。今日の依頼もそういうものでした。FAXが故障ということですから、さっそくお伺いしました。

FAXはモノクロのレーザーFAXでした。印刷した絵がノイズが入っているように所々乱れています。何枚印刷しても同じ場所で絵が乱れています。これは、ドラムが劣化したためです。レーザーFAXの印刷方法というのは電話回線で送られて来た絵をドラムにレーザーをあてて帯電させて、原稿と同じ絵を静電気で描きます。この帯電したドラムにプラスチックのトナーをくっつけてそれを紙に転写するのです。紙にのったトナーは最後に熱で融解され紙に定着します。

ドラムは静電気が起きやすい材質で出来ていますが、長期間使うとその機能はしだいに劣化する性質を持っています。ですから、ドラムはトナーと同じように消耗品なのです。ただ、この消耗品、とても高価です。トナーもなくなっていたので、両方替えると約8万円かかるようです。
Mfc6490
このFAXの使用頻度はどのくらいなのかとお客さんに聞いたところ、1日に4〜5件の着信だということでした。意外と少ないですね。それで、「インクジェットの複合機でFAX機能を持ったものに替えてはどうでしょう。」って、お客さんに提案しました。brother JUSTIO MFC-6490CNなら、今までと同じようにA4もB4も使えるし、カラーコピーも可能です。値段は5万円程度ですからドラムとトナーを買うよりも安いです。お客さんはカラーでこの値段というのが信じられないようでした。

結局、インクジェット複合機に変えることになりました。値段が安い。カラーが使える。のが買い替える動機ですが、その他にもうひとつ買い替えたい理由がありました。「みるだけ受信」という機能です。FAXを印刷する前に液晶画面で内容が確認できます。必要のないものは印刷しないで済みます。お客さんは迷惑な未承諾のチラシが送られてくるので困っていたようです。

さっそく今日注文しました。とどいたら設置工事です。

FON La Fonera(ラ・フォネラ)無線LANルータに「brother MyMio MFC-940CN」と「DELL Vostro1320」を接続

4月以来の久々のFON無線LANルータの取り付けでした。当店としては24ヶ所目のFONの設置です。今回取付けたお客さんは初めてのパソコンの購入です。「パソコンの事は全くわからないので・・・」という事で当店に相談に来られて、今回のシステムでの利用となりました。
Photo
回線はフレッツADSL、モデム付きルータはNTT東日本のWebCaster6400Mです。このルータは無線LANカードを挿入するスロットがついていますが、カードを購入するよりもFONの方が安いので無線LANルータとしてはFON La Foneraを付けました。

ノートパソコンはDELL Vostro1320です。13インチのモニタでちょっと小さめの持ち運びにはとても良さそうです。プリンタは複合機で、brother MyMio MFC-940CN、無線LAN接続が出来るのでFON無線LANルータで接続して使えます。この複合機はネットワーク接続ですから、パソコンにはコードで繋ぐ必要がありません。ノートパソコンには最適ですね。

インストールしたソフトは、ウイルス対策としてはウイルスバスター2009、Officeソフトは、OpenOffice.orgです。すべて、何の問題もなく設置が完了しました。これからスタートするパソコンライフ、どのように使っていくのでしょうか? 楽しみですね。

「Canon PIXUS iP4600」を「AirMac Extremeベースステーション」でプリンタ共有

Ip4600

 CDにプリントできるプリンタがほしいというお客さんからの依頼でCanon PIXUS iP4600を取付けた。このプリンタは昨年10月に発売されたプリンタです。1万円程度で購入できるお手軽なプリンタです。給紙は全面下部に普通紙用のトレイと、後部の写真用紙やはがき等の給紙トレイに分かれています。プリント時に指定する用紙の種類によって給紙トレイは自動的に選択されます。わたしはCanon PIXUS iP4300を使っているのですが、給紙トレイの選択ボタンがあって手動で選択しますが、このプリンタは用紙の種類で使い分けをすることで簡略化してコストダウンをはかったのだと思います。

Airmac

 AirMac Extremeベースステーションは、Appleが2003年に発売した無線LANルータです。WANポート、LANポート、V90モデムポート、外部アンテナポート、USBポートがあります。プリントサーバーの機能があってUSBプリンタを接続してネットワークのパソコンで共有することが出来ます。今日のお客さんのパソコンは、iBookです。プリンタ共有のおかげで無線LANでプリントできますので、何のコードもなくすっきりしています。

 AirMac Extremeベースステーションのプリンタ共有はBonjourというMacOSX標準の機能によってとても簡単に設定することが出来ます。「システム環境設定」の「プリンタとファクス」からプリンタの追加ボタンを押すだけで自動的に追加可能なプリンタが検索されプリンタの場所やドライバが選び出されます。AirMac Extremeベースステーションのプリンタ共有はWindowsパソコンでも可能です。BonjourのWindows用が以下のAppleのサイトからダウンロードできます。

http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/bonjourforwindows105.html

より以前の記事一覧

私のホームページ