ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

TOSHIBAのアップグレードキットで Windows Vista を Windows7 にアップグレード

Windows7が発売になって明日で1週間です。Webを見るとすでにインストールした人、様子見の人といろいろのようです。当店でもお客様からWindows7へのアップグレードの作業の依頼がありましてアップグレードをしました。

お客様のパソコンは「TOSHIBA dynabook AX/54J」です。このパソコンは今月の11日に購入したもので、「東芝Windows7優待アップグレードキャンペーン」の対象商品だそうです。TOSHIBAから購入したアップグレードキットでの「Windows Vista Home Premium」から「Windows7Home Premium」へのアップグレードです。

ウイルスバスター2009がインストールされていましたのでWindowsのアップグレードの前にウイルスバスターを2010にアップグレードしました。ウイルスバスター2009はWindows7とは互換性がないのです。

さて、いよいよアップグレードです。アップグレード自体はそれほど難しくはありませんが、ダウンロードするソフトがたくさんありました。ISDNなどの遅い回線だったら何時間もかかるだろうと思います。今回が始めてのアップグレードなので、ダウンロードの問題はこのTOSHIBAのアップグレードキットだけの問題なのかそれともMicrosoftの製品もそうなのかはわかりません。遅い回線への配慮もほしかったですね。

Windows7は動作を速くするためにパソコン内にアプリケーションソフトをインストールせずにネット上のサーバーのアプリケーションソフトを使う方式(クラウドコンピューティングと言います。)を採用するという事ですが、ISDN回線だったらかえって遅くイライラすることになるのではないでしょうか。

光回線が普及して来たとはいえ、まだまだ光もADSLも使えない通信環境の方もいます。ISDNさえ使えない場合も多々ある中でクラウドコンピューティングは問題あるのではないでしょうか。遅い回線への配慮がまだ必要だと思います。

第一種電気通信事業者のみなさん、早く日本中でブロードバンドでインターネットが利用できるようにしてくださいね。

GREEN HOUSE 内蔵IDEドライブとSATAのHDDをUSB接続できる、変換アダプタ 「GH-USHD-IDESA」

Ghushdidesa今日はハードディスクのバックアップに便利なアダプタを紹介しようと思います。

お客様から電話が入りました。「パソコンの電源を入れるとWindowsXPのロゴのあとに真っ暗な画面のままで『ようこそ』にならない。」のだそうです。強制的に電源を切ったということで、そのあとからこのように起動しなくなってしまったという事です。

セーフモードで起動してみましたが、結果は同じで、四隅に「セーフモード」という文字は出るものの黒い画面のままで止まってしまいました。これは重傷です。セーフモードはWindowsを動かす最低限のプログラムで動いています。これが動かなくなるという事は致命的な不具合が発生したという事です。

修理はリカバリで工場出荷時の状態に戻すことになりました。ハードディスクは動いているのでWindowsのシステムが壊れただけだと思います。普通にリカバリをすると保存してある大事なデータが消えてしまいます。お客様のパソコンには子供の小さい頃からの写真が保存されているという事なのでバックアップをとってからリカバリをすることになりました。

OSが動かない場合のバックアップの取り方は、ハードディスクを別のパソコンに外付けハードディスクとして繋いでバックアップをとります。私はこの様なときのために写真の様なアダプタを使っています。GREEN HOUSEの「GH-USHD-IDESA」という型番の製品で「内蔵IDEドライブとSATAのHDDをUSB接続できる、変換アダプタ」という長〜い商品名がついています。

このアダプタで My Documentsのデータを全部私のパソコンにコピーしてリカバリ後にお客様のパソコンに戻しました。バックアップしたデータは36GBもあったのでこの変換アダプタを使ってもコピーに1時間以上の時間がかかりました。でも、この方法が今出来る一番早い方法なのだと思います。

「内蔵IDEドライブとSATAのHDDをUSB接続できる、変換アダプタ」は名前のとおりにIDEもSATAも使えます。3.5インチも2.5インチもOKです。便利ですよ。

MacでWMVを再生できるようにするソフト「Flip4Mac WMV 2.3」が公開されています

web上の動画を見ようとしたら、Flip4Mac WMV 2.3のアップデートのお知らせがありました。動画を見るのをやめてアップデートする事にしました。バージョンは2.3.0.14です。Mac OS X 10.6 Snow Leopardにしたときにβ版にアップデートしたのですがβ版よりはいいでしょうからアップデートしました。

Flip4mac_wmv_downloadアップデートしてみて、違いはわからないです。(^^;) ほぼ同じように動作している様な感じです。まあ、何か改良されているのでしょう。PowerPC G4、PowerPC G5、Intel対応で、OSはMacOS X 10.4 Tiger 〜 Mac OS X 10.6 Snow Leopardに対応しています。Release Notesを見たら、9月25日に公開されていたようです。私の情報はちょっと遅かったですね。ダウンロードのURLは以下です。

http://dynamic.telestream.net/downloads/download-flip4macwmv.htm

ファイル共有しているLANの他のコンピュータをウイルス検索

「古いパソコンにウイルスバスターをインストールしたいが出来ない。」という相談があり、訪問しました。古いパソコンというのはWindows XP Home Edition SP1で、メモリーは128MBでした。新しくWindowsVistaのノートパソコンを買って、ウイルスバスター2009をインストールしたのだけれど、1契約で3台までインストールできるという事で古いパソコンにもインストールしようと思ったのだそうです。

「サービスパック2にバージョンアップして、メモリーも増やせばインストールできますよ。」とお話ししましたが、「今更この古いパソコンにお金をかけてもねぇ。」と言われました。でも、ウイルス対策をしないと感染しますしね。

それで、ネットワークを通じて新しいパソコンからウイルス検索をすることになりました。古いパソコンのCドライブにファイル共有の設定をします。Cドライブ全体ですから共有設定にはちょっと時間がかかりました。WindowsXPの共有設定については私の以下の記事をご覧になってください。

http://naraweb.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/windowsxp-cd4d.html

共有設定が出来たら、新しいパソコン側で、「スタート」=>「ネットワーク」で古いパソコンのCドライブのアイコンを右クリックしてメニューから「セキュリティー脅威の検索」を選択してください。ウイルスバスターが検索を始めます。定期的に検索すればいいですね。

長期間使っているWAKWAKのメールパスワードは変更が必要

「TOSHIBA ノートパソコン AX/54J」を購入されたお客様から、「パソコンをインターネットに繋いでほしい。」と依頼されました。お客様がご利用のプロバイダはWAKWAK、フレッツISDNでFON無線LANルータを使っています。

インターネット接続はいたって簡単です。FON無線LANルータが設置済みですので、「スタート」=>「接続先」で「MyPlace」に接続します。セキュリティーキーの入力を求められたらFON無線LANルータの底面のシールに書いてあるS/Nの10桁の番号を入力します。これでインターネットには繋がりました。

次はメールの設定です。普通に設定をして、受信をしました。受信はOKです。次に送信の試験もします。送信の試験は自分に送ってみましょう。送信が出来て受信が出来ればOKですが、送信でトラブりました。ユーザー名とパスワードの入力を求められたのです。入力をして、再び認証動作です。でもまた、同じようにユーザー名とパスワードを求められました。

「そういえば・・・」古いパスワードを使っていると送信が出来なくなるプロバイダがあったといのを思い出しました。「あれはWAKWAKだったかなぁ?」と私の過去のブログで調べてみました。以下の記事がその記事です。

http://naraweb.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-f9b5.html

この記事によると、WAKWAKの場合、2003年8月11日以前のパスワードは変更が必要との事でした。変更をして送信も出来るようになりました。なお、変更するパスワードは古いものと同じでもかまいません。

「IPMATE 1600RD」のB1とB2のランプが赤く点滅してインターネットに繋がらない

インターネットに繋がらないとお客様から連絡がありました。お客様のネット環境はフレッツISDNで、ダイヤルアップルータは「IPMATE 1600RD」です。現地に行ってみると、ダイヤルアップルータのB1とB2のランプが赤く点滅しています。このランプは普段は緑に点灯するものなのです。

配線を見てみると、LANポートに2本のケーブルが接続されています。一方はパソコンに、もう一方はネットワーク接続のプリンタに繋がっていました。WANポートにもケーブルが繋がっています。LINEには何も繋がっていませんでした。それなら、WANポートのケーブルには別のルータが繋がっているのかと思って、配線をたどってみました。

「あれれ?」ビジネスホンの主装置に入っています。何だか様子が変ですね。主装置を開けてみました。WANポートのケーブルは主装置内のDSU基盤に繋がっていました。「あらら、これではダメだ。」DSUからの配線ならば、WANポートではなくて、S/Tポートに繋がないといけません。配線が間違っていますね。WANポートからS/Tポートに繋ぎ直して故障は回復しました。

お客様に聞いたら、配線をちょっといじったそうです。その時に間違えたのですね。WANポートとS/Tポートはジャックの形は同じですが、全く違うポートで電圧も違いますから、間違えて繋ぐと壊れてしまう事もあります。ISDNを使ってインターネットを利用している方は間違えないように気をつけてくださいね。

それから、電話の主装置は資格のない方は開けられないので注意してください。モジュラージャックの取り外しは問題はありませんが、ビジネスホンの主装置をいじる場合は、AI第2種以上の工事担任者資格が必要です。

インターネットに繋がないとウイルス感染しやすい

「パソコンにはインターネットは絶対に必要」という記事を4月に書いたのですが、今日はそれを裏付ける様なパソコンをみることになりました。全く別件でお客様のお宅に伺ったのですが、セキュリティーソフトがインストールされていないことに気づき「ウイルスの対策をしないといけませんよ。」とセキュリティーソフトの利用を勧めました。
Virusお客様は、「インターネットに繋がないからいらないと思った。」というのです。CDやUSBメモリーからも感染をするということを考えていなかったのです。お客様が了解したので、ウイルスバスター2010をインストールしました。インストール後の検索で、587件の感染がありました。

今まで全くインターネットには繋いでないパソコンですが、ウイルスに感染していました。そればかりか、インターネットに繋がないために、セキュリティー上必要なMicrosoft更新プログラムがインストールされていません。必要な更新プログラムは121もありました。

インターネットに繋がなくてもこの様にウイルス感染をしてしまいますから、ウイルス対策ソフトは必要なのです。そして、ウイルス対策ソフトとWindowsの更新のためにはインターネットに繋がなければなりません。

「Power PC G3」の「iBook」に「Mac OS X 10.4.6 Tiger」をインストールした

中古のiBookをお持ちのお客さんからの依頼で、「Mac OS X 10.4.6 Tiger」をインストールしました。もともとは「Mac OS X 10.2.11 Jaguar」がインストールされていたのですが、OSが古いためにブラウザで表示できないページがあッたり、Skypeが使えなかったりといろいろと不都合があったようです。

このiBookは「PowerPC G3」ですから、アップグレードが出来るのは 「Mac OS X 10.4 Tiger」までです。それと、このOS、手に入り難くなって来ているし、プレミアがついて値段が高いです。やっと見つけたのが、25,000円でした。これでも安い方なのです。

OSをインストールして、その他にフリーのアプリケーションもインストールしました。フリーのアプリケーションもOSとCPUが古いために最新のバージョンはインストールできません。古いバージョンのアプリケーションを大事に持っていると、こんな時に役に立ちますね。Skypeのバージョンは、2.6.0.151です。これよりも新しいバージョンでは動きません。

このiBook、6年前の製品ですが、「Mac OS X 10.4.6 Tiger」にしたので、まだまだ現役でいけますね。無線LANも使えますし、電池も元気、メモリーは増設したらしく、640MBもあるんです。Jaguarでは表示できなかったWebページも表示できるようになりました。Skypeも使えます。動きもそれほど遅い感じはしません。

MacでWMVを再生できるようにするソフト「Flip4Mac WMV」の「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」対応版

Macの「Safari」でWMVの動画のページを見ていたのですが、動画が再生できませんでした。
Wmv1「Flip4Mac WMV」というソフトをインストールしてあるので再生できるはずなのです。直接「WMV Player」を起動するとこの様なメッセージが出て動きません。

「変ですねぇ? ・・・・・!!」

Wmv2そういえば、私ね、Snow Leopard にしてから今までMacでWMVの再生をしてなかったのです。ということは、Mac OS X との互換性の問題かもしれないと調べてみました。以下のページにバージョン2.3.0.11、β版ですがありました。「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」対応版です。

http://dynamic.telestream.net/downloads/download-flip4macwmv-beta.asp

インストールしてみました。今までと違って別ウインドウによる再生ですが、再生できました。今はMac用の「Internet Explorer」も「Media Player」もないですから、WMVを再生するのなら、このソフトはおすすめですよ。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

私のホームページ