ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« Word、Excel持っていない人も、持っている人も「OpenOffice.org」はお勧め | トップページ | Parallels Desktop 4 for Mac のアップデートが出来ない »

Excel と NeoOffice(OpenOffice.org)のセルの幅と高さの単位の違い

お客様が名刺を作りたいという事で相談され、表計算のセルを名刺の大きさにして作れば良いのではないかと思いつきました。名刺を作るソフトはいろいろと市販されていますが自分で作るんだったら表計算とかワープロとかを使うことになりますよね。

お客様のパソコンにはExcelがありますからそれで作ろうと思いました。名刺の大きさは幅が9.1cm、高さが5.5cmですからそういう設定にすれば良いのだろうと思ったのですが・・・・

Excel難しい。
Excelの列と列の境目にマウスポインタをおいて左右の矢印の形になった時にマウスのボタンを押したままにするとセルの幅が表示されるのですが、この幅の数値は??? 数値の意味が分からなくて調べましたら、幅の数値は半角の標準フォントがいくつ入るかの文字数で、高さの数値はポイント値だということがわかりました。

1ポイント=1/72インチ
1インチ=2.54cm
標準フォント=11(普通は10.5だったかな?)

セルの幅の9.1cmは半角の標準フォントが何個分か計算をすればいいんだよね。

1ポイントをcmにすると、
(1/72)×2.54=0.03528cm

半角の標準フォントの幅は、
(11×0.03528)/2=0.1940cm

9.1cmの幅でのフォントの数は、
9.1÷0.1940=46.91

ということになるね。

セルの高さの5.5cmは何ポイントかを計算すればいいんだよね。

1ポイントの長さは計算済みです。
0.03528cm

だから、
5.5÷0.03528=155.90

という事だ。

ところが、この結果で作るとちょっと違うのです。何が違うのでしょうね。あとはプリント結果と比べて調整するしかないでしょうね。お客様がセルの大きさを調整している時に私はMacでNeoOfficeを起動して同じように作ろうとしました。NeoOfficeはOpenOfficeのMac版ともいえる様なソフトです。同じと思っていいと思います。

Neoofficeでね。NeoOfficeでセルの幅を調整しようとしたら・・・・
なんと! 単位が、cmなのです。これは良いですね。今までの苦労は何だったんだろう。簡単に作れてしまいました。同じだと思っていたのですが、こんな細かなところも改良されているんですね。高い互換性を維持するという事も大事でしょうが、使い勝手についてはいくらでも改良してもらっていいですよね。

お客様が、私のMacの画面を見て「いいねぇ。それ。Macだから違うんですか?」というので「これね。Windowsでも同じ様なソフトはあるんですよ。オープンオフィスっていうんですけれどね。無料のソフトなんですよ。あなたも使いますか?」と言ったら、「ぜひ!」という事で、お客様のパソコンにOpenOffice.orgをインストールしました。お客様は無事に名刺をOpenOffice.orgで作り上げました。

« Word、Excel持っていない人も、持っている人も「OpenOffice.org」はお勧め | トップページ | Parallels Desktop 4 for Mac のアップデートが出来ない »

07.OpenOffice.org」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534370/46680825

この記事へのトラックバック一覧です: Excel と NeoOffice(OpenOffice.org)のセルの幅と高さの単位の違い:

« Word、Excel持っていない人も、持っている人も「OpenOffice.org」はお勧め | トップページ | Parallels Desktop 4 for Mac のアップデートが出来ない »

私のホームページ