ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • エプソンダイレクト
    エプソンダイレクト株式会社
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« インターネットに繋がらないときは、ネットワーク機器の再起動 | トップページ | セキュリティーソフトの異常でインターネットに繋がらない »

図形描画のテキストボックス、「Word」と「OpenOffice.org」の違い

当店で、wordの勉強をしているお客様が、年賀状を作ろうとして「うまく出来ない。」と言っていました。図形描画機能を使って年賀状のレイアウトがしやすいようにテキストボックスを使って作っていました。でも、文字の背景が白く枠もあります。これを「透明にしたい。」というのです。

1Wordのテキストボックスは初期値は背景が白で、枠の線が黒なのです。お客さんはこれらを透明にしたいという事です。確かにこの背景の色と枠は邪魔ですね。虎のお尻がかくれています。透明という色が用意されていればすぐにわかったのかも知れませんが、透明って言う呼び名ではないんです。

2テキストボックスが選択された状態で「塗りつぶし」ボタンの右の下向き三角の小さなボタンをクリックするとこの様なパレットが表示されます。このパレットの「塗りつぶしなし」をクリックします。

3白い背景が透明になりました。「透明」という言葉ではなくて「塗りつぶしなし」なんですね。これで虎のお尻が見えるようになりました。

4次に枠の線を透明にします。「線の色」ボタンの右の下向き三角の小さなボタンをクリックするとこの様なパレットが表示されます。このパレットの「線なし」をクリックします。

Photo黒い線が消えました。これで完全に透明ですね。これも「透明」という言葉ではなくて「線なし」なんですね。(テキストボックスが選択されているので太い点線が見えていますが選択を解除すればこの太い点線も消えます。)

このテキストボックスはOpenOffice.orgやNeoOfficeでは初期値は透明です。色の名前も「透明」という言葉を使っています。これもOpenOffice.orgの使いやすく改良されている点ですね。Wordを使い慣れた人には「なんだ、こんな事もわからないのか。」って言われそうですが、初心者はこんなところが難しいのです。

« インターネットに繋がらないときは、ネットワーク機器の再起動 | トップページ | セキュリティーソフトの異常でインターネットに繋がらない »

07.OpenOffice.org」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534370/46848559

この記事へのトラックバック一覧です: 図形描画のテキストボックス、「Word」と「OpenOffice.org」の違い:

« インターネットに繋がらないときは、ネットワーク機器の再起動 | トップページ | セキュリティーソフトの異常でインターネットに繋がらない »

私のホームページ