ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • エプソンダイレクト
    エプソンダイレクト株式会社
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

富士通 FMV-DESKPOWER CE50MN のハードディスク交換

「パソコンが起動しなくなった。」とお客様から連絡が入りました。メーカーロゴのまま画面が止まっている。ということでした。当店への持ち込み修理とすることになりました。パソコンは富士通のデスクトップで、FMV-DESKPOWER CE50MNです。

確かにメーカーロゴで止まりますね。いつまでたってもそのままです。考えられることは、ハードディスクのデータを待っている状態で止まっているのかもしれません。つまり、ハードディスクの不良かも知れないですね。

筐体を開けてハードディスクのケーブルを外して見ることにしました。ハードディスクのケーブルを外して、電源を入れると、今度はメーカーロゴから画面が変わって、インストールCDを入れろと英語で要求されました。

予想どおりハードディスクが悪いようですが、念のために私のMacにハードディスクを外付けハードディスクとして繋いでみることにしました。マウントされません。ディスクユーティリティーで見てもこのハードディスクは表示されません。ハードディスクの不良は間違いないようです。

という訳で、ハードディスクを交換することになりました。今までのは300GBのものですが、ついでですからちょっと容量を増やすことになりました。新しいハードディスクは「日立 HGST CinemaStar P7K500 (500GB/ATA133/7200rpm/8MB) HCP725050GLAT80」というハードディスクです。今度は500GBですね。

では、ハードディスクを取り出すまでの様子を順を追って説明いたします。

Fmv_01この3本のネジを外します。

Fmv_02_2手前に少し引いて横に倒して筐体を外します。

Fmv_03ハードディスクはこの場所です。DVDドライブの下ですね。

Fmv_04それではDVDドライブを外します。まず、DVDドライブに繋がっているケーブルを外します。

Fmv_05DVDドライブ前面のネジを2本外します。

Fmv_06手前に引き出せばDVDドライブは簡単に外すことが出来ます。

Fmv_07ハードディスクが見えました。このネジを外して、横にずらすとハードディスクは外れます。

Fmv_08外れました。ケーブルを外して、フォルダを止めている4本のネジを外せばハードディスクを外すことが出来ます。

新しいハードディスクに交換して、これまでの逆の方法で組み立てればいいです。後はリカバリで修理完了。

無線LAN接続の複合機で印刷できない 〜FON無線LANルータの再起動で回復〜

Net_print印刷が出来ないとお客様から連絡が入りました。お客様のネットワークの状況は図のようになっています。FON La・Fonera を使っていて、プリンターは無線LANで繋がっているネットワーク対応の複合機です。パソコンも無線LANで繋がっています。

パソコンはインターネットに繋がっていて、メールの送受信もホームページ閲覧もOKです。複合機もFONに繋がっています。設定も問題ありません。複合機のFAX、コピーは正常に使えています。でも、パソコンからの印刷は出来ません。

ということは・・・ FON無線LANルータのルーティングに不具合がある事が考えられます。FON無線LANルータはモデム付きの有線ルータに繋がっていますから、FON無線LANルータのルーティングに問題があってもDHCPが正常に機能していれば、パソコンのインターネット接続は大丈夫なのです。

じゃあ・・・ FON無線LANルータの再起動でたぶん大丈夫でしょう。電源を入れ直しました。パソコンのタスクトレイのインジケーターがインターネット接続が出来たことを表示するまで数分間待ちます。印刷はOKになりました。

「別棟でインターネット」30カ所目のFON無線LANルーター

今までデスクトップパソコンが1台だけだったお客様から、先日電話がありました。「ノートパソコンを買いました。別棟で使いたいのですが、NTTに相談したら『電波は届かないかもしれないから配線工事をした方がいい。』と言われました。本当に電波は届かないのでしょうか。」ということでした。

Fon_denpa「じゃあ、測定をしてみましょう。」ということで、私のFON LA・FONERAを持って伺いました。LA・FONERAから出ている電波の強さをノートパソコンのインジケーターで見ます。

建物は木造で、別棟のパソコンを使う部屋までは約10mの距離があります。計測結果は図のようになりました。部屋の中ではちょっと弱くなりますが、実用上は問題がなさそうでした。

ということで、今日、FON無線LANルータで繋ぎました。問題なく動いています。機種はFONERA 2.0nです。私のFON無線LANルーターの設置はこれで30カ所になりました。

iBook G3 ハードディスクの交換 〜 iBook G3 の分解・その2 〜

Ibook_hdd_14さあ、ここからは上部筐体を外す作業です。Macを裏返しにして、この2本のネジを外します。

Ibook_hdd_15今度は上から、この3本のネジを外します。白いフィルム状のシールが配線を固定する目的で貼られていますからこれも外します。

Ibook_hdd_16この丸いやつ、じつはこれ磁石です。この下にネジがあります。この磁石をドライバーなどで取ります。

Ibook_hdd_17ネジが出てきました。このネジを外します。

Ibook_hdd_18まだまだネジは隠れています。クリップを伸ばした針金でDVDのトレイを開けます。この穴に針金を入れてちょっと押すとトレイを引き出すことが出来ます。

Ibook_hdd_19この画像は底面側から見たものです。トレイを少し引き出すとトレイの両端に上部筐体を止めてあるネジが見えます。この画像は右側のネジです。これを外します。

Ibook_hdd_20その反対の左端にも上部筐体を止めているネジがあります。これも外します。これで上部筐体のネジは全部外れました。

Ibook_hdd_21上部筐体を持ち上げると、ここに配線があります。このコネクタも外します。

Ibook_hdd_22これで上部筐体が外れました。配線が繋がっていますが、これはこのままで支障はないでしょう。ハードディスクはこの金属カバーの下にあります。2ヶ所のアルミテープと3ヶ所の黄色いビニルテープをはがします。後でまた貼付けるので金属カバーに張り付いている部分だけ丁寧にはがしてください。ネジはこの8本を外せばいいでしょう。

Ibook_hdd_23カバーをめくると、ハードディスクが見えました。このコネクターを外すとハードディスクを外せます。

Ibook_hdd_24ハードディスクが外れました。この写真ではちょっと見づらいですが、ハードディスクには4本のネジがついていますから、これも外します。

Ibook_hdd_25ハードディスクを裏返すと透明なシールがあります。これはマザーボードの電気回路との絶縁の目的で貼られているものですからこれは剥がして新しいハードディスクに貼付けます。

これでハードディスクの取り外しが終わりました。新しいハードディスクの取付け、組み立てはこの行程の全く逆の方法でいいです。長くなるので省略さていただきます。iBook G3のハードディスクの交換はとても大変な作業です。自分で交換をされる方は自己責任でやってください。

この後、ハードディスクのフォーマットですが、新しいハードディスクですので、ディスクユーティリティーのオプションで全部0を書き込むフォーマットをしてからOSをインストールしました。問題なく終了しました。

iBook G3 ハードディスクの交換 〜 iBook G3 の分解・その1 〜

さあ、いよいよiBookG3のハードディスクを交換します。iBook G3 のハードディスクの種類はATA100です。今回は80GBのものを用意しました。今までの2倍の容量です。さて、分解ですが、この作業はとても大変です。この様な作業の苦手な方はやめた方がいいと思います。それほど大変です。覚悟して取りかかりましょう。

Ibook_hdd_04始めに底面の筐体を取り外す作業です。
まず、iBook G3 を裏返しにおいて、バッテリーを外し、3ヶ所のゴム足を取ってその下のネジを外します。ゴム足は小さなドライバーなどでこじれば取れます。その他に写真の位置の3ヶ所のネジを外します。

Ibook_hdd_05バッテリーの接続部付近にも2本のネジがあります。これも外します。これで底面の筐体を止めているネジは全部です。

Ibook_hdd_06この様に底面の筐体を外すのですが、これが今回の最大の難関です。この筐体はプラスチックの爪が側面を1周して噛み合されています。力を入れすぎてプラスチックを破損しないように気をつけながら丁寧に爪を外していきます。この作業に1時間かかりました。

Ibook_hdd_07次はキーボードを外します。これは簡単です。キーボードのこの部分が動くように出来ています。手前に引けば爪が外れてキーボードを外すことが出来ます。

Ibook_hdd_09AirMacカードを外します。

Ibook_hdd_10AirMacカードの下には金属のカバーがあります。このネジを外してこの金属のカバーを取ると、キーボードとタッチパッドのコネクタがあります。

Ibook_hdd_11カバーを外しました。

Ibook_hdd_12このキーボードのコネクタを外してキーボードを外します。

Ibook_hdd_13タッチパッドのコネクタも外します。

つづく

iBook G3 ハードディスクの交換 〜 iBook G3 が顔と?の点滅 〜

Ibook_hdd_01「iBookが起動しなくなった。」と相談をされました。電源を入れると、画面中央にフォルダのアイコンが表示されMacの顔と?が交互に点滅しています。この表示はOSが見つからない時に出るものです。

ハードディスクの状態を見ようと思いOSのインストールDVDから起動しようとしました。インストールDVDにはディスクユーティリティーが入っているので状況がわかります。場合によっては修復も可能です。

Ibook_hdd_02キーボードのCを押しながら電源を入れました。リンゴのマークが表示され、その下にクルクルといつものインジケーターが出ました。しかし、その後リンゴのマークが駐車禁止の様なマークに変わってしまいDVDからの起動が出来ませんでした。

Ibook_hdd_03OSが見つからないのですから、ハードディスクに何らかの異常があるのは間違いないと思うので、iBookを外付けハードディスクとして私のMacに繋いでみることにしました。MacはキーボードのTキーを押しながら電源を入れると外付けハードディスクにすることが出来ます。ハードディスクになるとモニターにはFireWireのマークが動きます。

Macをハードディスクにして、FireWireケーブルで繋いだのですが、HDDがマウントされません。やっぱりHDDの故障ですね。ハードディスクを交換することになりましました。でも、このハードディスクの交換はiBook G3ではとても大変なのです。

つづく

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

私のホームページ