ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

HPのデスクトップパソコンがSMART機能でハードディスクの異常を検出

お客様から「黒い画面に英語のメッセージが出てパソコンが起動しなくなった。」と連絡が入り、お伺いしました。パソコンは「HP Compaq dc5750 Small Form Factor」というデスクトップパソコンです。

Smart_01問題の黒い画面のメッセージはこれです。モニターをデジカメで撮ったので見づらいので赤枠の部分を見やすく調整したのが次の画像です。

Smart_02このメッセージは「SMART機能」によるメッセージです。「SMART機能」というのはハードディスクが壊れて使えなくなる前に異常を検知して知らせてくれる機能です。

メッセージの内容は「もうすぐハードディスクが壊れますよ。だからデータのバックアップをとってください。そして、F10で自己テストをしてください。」と書いてあるのです。

テストの結果、ハードディスクを交換する必要があることがわかりました。

お客様の話ではだいぶ前からこのメッセージが出ていたのですが、「F1」を押せば起動出来ていたのでそのまま使い続けていたのだそうです。このパソコンはリカバリ領域がハードディスクにあって、リカバリCDも作ってないということです。

Windowsが動いているうちに対処していれば良かったのですが・・・。
修理代高いよ〜。

「ウイルスバスター2011 クラウド」は本当に軽いのかを検証

ちょっと大げさなタイトルです。クイック検索をしてみたということと、「ウイルスバスター2010」と比較してメモリーの使用量がどの程度減ったのかを見てみました。これから「ウイルスバスター2011 クラウド」をインストールしようかと考えている人の参考になればと思います。

2011_01「ウイルスバスター2011 クラウド」のメイン画面を開いた様子です。とてもシンプルなデザインになりました。「ウイルスバスター2010」と違うのは「アップデート」ボタンがない事ですね。クラウド化によってパターンファイルがインターネット上にあるのでアップデートの必要がなくなったのです。では、ウイルス検索をしてみましょう。メイン画面の「検索開始」ボタンをクリックします。

2011_02クイック検索が始まりました。

2011_03クイック検索の完了まで18秒でした。これは驚異的な速さです。結果はパソコンによって違ってくると思いますが、私のMacBookにインストールしたParallels Desktopで動いているWindows7ですからそれほど速くないと思うのですがこの様な結果になりました。

2011_04次にメモリーの使用量の比較です。始めにパソコンの起動直後の様子です。47MBメモリーの使用量が減っています。

2011_05次にウイルス検索をしているときのメモリー使用量です。こちらは21MBメモリーの使用量が減っています。

総合的にはかなり軽くなっているのがわかりました。クラウド化によりアップデートがなくなってウイルスバスターを意識しないでパソコンが使えるかも知れませんね。でも、ウイルスがいなくなるわけではないので、時々は手動でウイルス検索をした方がいいでしょうね。


お詫びと訂正(2010年9月24日追記)
読者の方から、メモリーの使用量は関係がないのではないかとご指摘がありました。その通りでありまして、何の問題も無いパソコンの場合、メモリーの使用量はウイルスバスターの軽さには関係ありません。メモリーが不足気味あるいは不足している場合はメモリー使用量が減少することで、パソコンの動作が速くなる場合があります。
訂正し、お詫びいたします。

「メモリー不足の見分け方」は以下の記事をご覧ください。
http://naraweb.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-4064.html

「ウイルスバスター2010」から「ウイルスバスター2011 クラウド」への無料バージョンアップ

トレンドマイクロから「ウイルスバスター2011 クラウド」が発売になりました。現在ウイルスバスターの製品版を使用中の方は無料でバージョンアップが出来ます。私もMacBookにインストールされているWindows7で「ウイルスバスター2010」を使っていますので、さっそく「ウイルスバスター2011 クラウド」にバージョンアップしました。「ウイルスバスター2010」は削除せずに以下のように作業をしました。

Vb2011_01まず、無料バージョンアップのページに行きます。

http://jp.trendmicro.com/jp/support/personal/versionup/vb2011/index.html

Vb2011_02スクロールするとシステム要件などの注意書きが書いてありますからよく読んでください。自分のパソコンは大丈夫と思ったら、「かんたん!インストール」ボタンをクリックします。

Vb2011_03ページ最上部に黄色い背景で1行のセキュリティー関係の表示が出ます。そこをクリックします。

Vb2011_04小さなメニューが表示されますから「ファイルのダウンロード(D)」をクリックします。

Vb2011_05ウイルスバスターをダウンロードするためのアプリをダウンロードします。「実行」ボタンをクリックします。

Vb2011_06ダウンロードが開始されます。

Vb2011_07ダウンロードが終わると「ユーザー アカウント制御」が開きます。「はい(Y)」をクリックします。

Vb2011_08ウイルスバスターのダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了するまでしばらく待ちます。

Vb2011_09ダウンロードしたファイルを解凍します。解凍が終わるまでしばらく待ちます。

Vb2011_10コンピュータのチェックをします。

Vb2011_11チェックの結果ウイルスバスター2010がインストールされていることが感知され、削除を開始することになりました。「はい」をクリックします。

Vb2011_12削除をしています。

Vb2011_13削除が終わりましたので、再起動をします。「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。

Vb2011_14再起動すると再びコンピュータのチェックをします。

Vb2011_15シリアル番号の入力です。「ウイルスバスター2010」で使っていたシリアル番号が入力済になっていますから、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

Vb2011_16使用許諾契約の確認です。よく読んで同意できる場合は「同意してインストールする」ボタンをクリックします。「同意しない」ボタンをクリックするとインストールは中止されます。

Vb2011_17インストールが開始されます。完了までしばらく待ちます。

Vb2011_18インストールが完了しました。「完了」ボタンをクリックします。

熱中症のMacBookは茨城県在住の方が活用してくれることになりました

Macbook1ファンが回らず熱くなって電源が切れてしまうMacBookでしたがビッダーズのオークションにジャンク品として出品しましたら、茨城県在住の方が落札してくれました。メモリーやハードディスクはまだまだ大丈夫だと思うので、その部品取りを目的に落札したとしてもお買い得だったかなと思います。有効に活用されることを期待します。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

私のホームページ