ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« WindowsXPのサポート終了に関して | トップページ | InternetExplorer用のセキュリティ更新プログラム(2965111) »

InternetExplorerの脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を確認 〜対策されるまで違うブラウザを使うことで解決〜

今月28日Microsoftはマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2963983(日本語)を発表し、「攻撃者は、Internet Explorer を介してこの脆弱性の悪用を意図して特別に細工した Web サイトをホストし、ユーザーを誘導してその Web サイトを表示させる可能性があります。」と警告した。

そして実際にその攻撃の確認もされているということです。困ったものです。マイクロソフトは更新プログラムにより対策をする予定ということです。また、米国土安全保障省はInternetExplorerが外部のハッカーによる攻撃を受ける可能性があるとして、他のソフトを使うよう警告しています。

InternetExplorerをご利用の方は更新プログラムが適用されるまで、他のブラウザを使うのが一番安全のようですね。WindowsXPをお使いの方は更新プログラムは発表されませんので今後はInternetExplorerは使わない方がいいです。以下から他のブラウザSafari、Chrome、Firefoxがダウンロードできます。お好きなのをどうぞ! happy01

« WindowsXPのサポート終了に関して | トップページ | InternetExplorer用のセキュリティ更新プログラム(2965111) »

02.セキュリティー」カテゴリの記事

05.WEBブラウザ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534370/59554768

この記事へのトラックバック一覧です: InternetExplorerの脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を確認 〜対策されるまで違うブラウザを使うことで解決〜:

« WindowsXPのサポート終了に関して | トップページ | InternetExplorer用のセキュリティ更新プログラム(2965111) »

私のホームページ