ネットショッピング

  • トレンドマイクロ
    ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
  • ソースネクスト
    ソースネクスト
  • ブラザーダイレクトクラブ
    ブラザーダイレクトクラブ
  • ノートン
    シマンテックストア
  • ベクター
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

MacOSX10.10 Yosemiteの自動ログイン設定

読者のみなさんはMacOSX10.10 Yosemiteはインストールされましたか? 私は発表後にすぐインストールしました。今のところ問題はありません。気のせいかもしれませんが、音声入力が少し良くなったような気がします。

さて、「MacOSX10.10 Yosemiteにアップグレードしてから電源を入れるたびにパスワードを入力するようになった。以前のようにパスワード無しで使えるようにしたい。」とお客様からメールが入りました。なぜ変わってしまったのか原因はわかりませんが、自動ログインの設定について説明します。

001ドックの「システム環境設定」をクリックします。

002「ユーザーとグループ」をクリックします。

003鍵が閉まっていたら鍵をクリックします。

004パスワードを入力すれば鍵を開けれます。パスワードを入力して「ロックを解除」をクリックします。

005「ログインオプション」をクリックします。

006自動ログインのここをクリックしてプルダウンメニューを表示させます。

007自動ログインするユーザー名を選択します。

008パスワードを入力します。

009最後に鍵をクリックして完了です。

ウイルスバスターをアンインストールできない 〜トレンドマイクロサポートツールで解決〜

「ウイルスバスターを削除できない。」とお客様から連絡がありました。新しいバージョンをインストールするために今のバージョンを削除するのだそうです。お客様のパソコンはWindows7です。

「スタート」=>「すべてのプログラム」=>「ウイルスバスタークラウド」=>「ウイルスバスターの削除」で削除すると普通に削除の画面が表示され削除が「完了」となります。「なんだろう? 問題ないな。」と思ったのですが、アンインストール後に再起動しても削除されていません。お客様の言う通りアンインストールができないようですね。

ウイルスバスターのアイコンをダブルクリックしてみると、ウイルスバスターの画面が表示されません。お客様は気づいていなかったようですが、このウイルスバスターはちゃんと動いていないようです。インストールした時に何か問題が起きていたのでしょうね。そのために通常のアンインストールもできなくなっていたようです。

ウイルスバスターにはインストールに失敗してアンインストールもできなくなったときのために「トレンドマイクロサポートツール」というのが用意してあります。今回は通常のアンインストールができないのでそのツールでアンインストールしてみようと思います。

001「スタート」=>「すべてのプログラム」=>「ウイルスバスタークラウド」=>「トレンドマイクロサポートツール」を起動します。

002「ユーザーアカウント制御」が開きます。「はい(Y)」をクリックします。

003「トレンドマイクロサポートツール」が開きます。「(C)アンインストール」タブを選択し、「1.ソフトウェアのアンインストール(U)」をクリックします。

004確認の画面が表示されます。「はい(Y)」をクリックします。

005シリアル番号が表示されます。新しいウイルスバスターをインストールするときに必要ですからメモしておきましょう。メモったら「シリアル番号を記録しました(F)」にチェックを入れて「アンインストール」をクリックします。

006アンインストールが開始されます。完了までそのまま待ちます。

007再起動のメッセージが表示されます。「はい(Y)」をクリックします。これで再起動後に削除は完了です。

お客様のパソコンはこの操作で無事にアンインストールが完了し、新しいウイルスバスターのインストールもできました。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

私のホームページ